椎間板ヘルニア

もう少し自分に優しくなっていいんだよ。
 

腰やおしりに強い痛みやシビレがあらわれて整形外科を受診するとレントゲン撮影し「椎間板ヘルニア」と診断されることが多くあります。そして先生によっては手術を勧められたり、シップや痛み止めで様子を見ましょう。という先生もいらっしゃいます。なかなか様子をみていても改善しない。手術しても良くならないと聞いたことがあるので手術はしたくない。
そんな声をよく耳にします。
その他の方法でも改善できるのか?

上の図のようにレントゲンには写らない真の原因が実は筋肉という事も少なくありません。
赤で記されているところが痛みやシビレがあらわれているポイントでバツ印の腰方形筋という筋肉のトラブルが真の原因となります。
筋肉のトラブルは痛み止めやシップは効かず、手術をしても改善しません。
あきらめないでください。
筋肉のトラブルさえ改善できれば治る可能性もあります。

おすすめのセフルケア

腰痛改善法

慢性的に腰の痛みでお困りの方はとにかく筋肉や関節が硬くなられています。
それを自分で動かしながらほぐす方法をお教えしていきます。

 

痛みを改善されましたお客様の声