《椎間板ヘルニア》というと

椎間板ヘルニア(背骨の軟骨の変形)
腰や足の痛み
こんなイメージではないでしょうか?

背中からお尻、足までのどこかに痛みやしびれの症状があり、病院でレントゲンやMRIを撮ってみると、
「椎間板ヘルニアですね。背骨の軟骨(椎間板)が変形して飛び出して神経を圧迫しているのが原因です」


と、診断されて「しばらく痛み止めと湿布で様子を見ましょう」
と、かんたんな対処療法を受けたのち、痛みが悪化して再度受診すると、
圧迫している軟骨を伸ばしましょうと背中を牽引され、最後は外科手術で軟骨の切断。
しかし手術後も結局痛みは治まらず、つらい日々を過ごしている。

電話

    そんな診断や治療の話をしばしば耳にする椎間板ヘルニアですが、

    実はたくさんの誤解から生まれた診断と治療なんです。

    まず国際腰痛学会で、健常者(背中から足にかけて痛みが無い)も80%近くの人から椎間板ヘルニアや椎間板変性といった、軟骨の異常が見られると報告がありました。
    つまり痛みの原因とされた椎間板ヘルニアは、全くの誤解(誤診)の可能性があるということです。

    では痛みやしびれの原因はどこにあったのか?
    トリガーポイント理論では「痛みに関連している筋肉が原因」という診察と治療のアプローチをします。

    イラストの赤い範囲が痛み、x印が痛みに関連している筋肉です。

    【出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

    【出典:『Myofascial pain and Dysfunction The Trigger Point Manual』 より引用 】

    どちらも椎間板ヘルニアとは関係ない筋肉を治療することで、劇的に痛みが減ったり、歩けないようなつらい症状が短期間で改善します。

    椎間板ヘルニア 足や腰の痛み

    足や腰の痛み 痛みに関連した筋肉のトラブル

    これが痛みの真の原因を発見し治療するための大切な最初の一歩です。

    一般的な病院での治療

    当院での椎間板ヘルニアの治療

    当院では一般的な病院(整形外科)では発見や治療が困難な「筋膜」「関連痛」へのアプローチにより、痛みの根本を解消する治療を行います。

    また痛みを取り除くだけでなく、再発の原因も見極めて体全体をトータルでケアし「予防治療」や、普段の生活習慣である、姿勢、食事、睡眠まで幅広く指導・アドバイスを行うことで怪我をしにくい体を目指すお手伝いをしています。

    手術なしで改善された患者さん

    たにやま鍼灸整骨院でヘルニアの治療をされた患者さんのお声をお聞きください

    電話

         

        4つの国家資格を取得する為に学校で学んだことがことごとく通用しない修行時代。痛みに困っておられる患者さんを笑顔にする為に一生懸命勉強したのに無力過ぎる自分が悔しくて、悔しくて毎日、たくさんの専門書を読み漁り休みの日は勉強会やセミナーに通いました。

        そんな中、ひとつの出会いが私の治療家人生を変えました。

        トリガーポイント研究所

        所長 佐藤恒士先生との出会いでした。

        この貴重な出会いと、学びを始めてから、
        脊柱管狭窄症で手術しか治らないと宣告された患者さんが劇的に改善されたり
        ヘルニア、坐骨神経痛で100mも歩けなかった患者さんがわんちゃんと一緒に1時間も散歩できるようになったり
        これまでの治療とは明らかに違う効果を出せるようになりました。

        今は情報に溢れ、治療院もたくさんある中で 正しい情報を得て、正しい選択をすることが容易ではなくなってきている現代で 私はこれからも 正しい知識と本物の技術を提供し

        嘘をつかず

        おごることなく

        お一人お一人を大切にし

        一人でも多くの困っておられる方のお役に立てるように努めてまいります

        電話